2012年01月15日

家政婦の……


顧問先の紹介で、確定申告の相談にみえました。

昨年から家政婦をされているのですが、税金は
どうすればいいかという相談です。

家政婦紹介所を通じて就労している場合は雇用契約
に近い契約と考えられ給与所得として取り扱われます。


それ以外の場合は実態に応じて判断しますが、事業所得
や雑所得になることもあります。

なお、給与の場合、常時2名以下の家事使用人に対して
支払われる給与となるので、源泉徴収されていないことが
多いと思います。


この場合、家政婦さんは1年分の所得税を納めることと
なります。

「確定申告をお願いできますか?」

「はい、承知しました。」
posted by   at 20:11| 税金

2011年12月31日

会葬お礼と香典返し


相続税は、被相続税人が亡くなった時点におけるプラスの財産からマイナスの財産を控除して計算します。

マイナスの財産とは、借入金や未払金といった故人の債務のほか葬式費用も認められています。

この葬式費用については

1 仮葬式・本葬式に要した費用
2 葬式に際して施与した金品で、被相続人の職業等に照らして相当のもの
3 1・2 のほか通常葬式の前後に生じた通常葬式に伴う出費

葬式費用に該当しないものは

1 香典返戻費用
2 墓碑、墓地等の買入・借入費用
3 法会に要する費用
4 医学上、裁判上の特別の処置に要した費用
5 社葬等で相続人等以外のものが支払った葬式費用

近頃は初七日を告別式と一緒に行う場合もあるようです。
また、会葬お礼香典返しを一緒にするケースもあるようですね。

相続税では初七日法会費用は葬式費用に該当しません。

また、会葬お礼は葬儀費用に含まれますが、香典返戻費用は含まれません。


葬儀費用については、被相続人の職業や財産等の事情に照らして相当程度のもの
という曖昧な解釈もあるので、注意が必要ですね。
posted by   at 20:21| 税金

2011年12月07日

連記式扶養控除申告書



 年末調整計算をする時期ですが、従業員に「扶養控除等申告書」を
 出してもらわなければなりません。

 しかし、アルバイト・パートが多い企業はその枚数は大量になり、管理
 も大変です。

 このような場合には 「連記式扶養控除申告書」を使ってはどうでしょうか。
 これは1枚の用紙に複数の人が記入する方式です。


img_info101111.jpg
  ただ、この連記式に記入する人は配偶者控除・扶養控除
  ・障害者控除等は受けられません。
 
  扶養家族等のいる人は通常の「扶養控除等申告書」を使って
  ください。

  また、住所・生年月日等の記入に抵抗のある人については通常の
  「扶養控除等申告書」に書いてもらう配慮も必要ですね。

posted by   at 23:05| 税金