2012年11月11日

未成年の相続人


飲食店を経営されるお客様が突然亡くなられました。

私と年齢が同じこともあり、親しくさせていただいてました。
確定申告の時はお元気だったのに・・・・・。 残念です。


相続人は奥様と高校生の息子さんです。

未成年者は通常、単独では法律行為を行うことができません。
親権者等が、家庭裁判所に特別代理人選任の申立を行い
裁判所に決定してもらいます。

この特別代理人は相続人以外の成人であれば、特に制限はありません。
今回は祖父母の方でしょうか。

最近若い方の相続が続き、いずれも未成年の相続人でした。

健康には気をつけたいものです。
posted by   at 16:48| 税金